• facilities_artsdepot_ad21_690x451
  • adelleyoungchicago_690x304
  • amyblue
  • summer_programme_contemporary_dance_300x400
  • amyandanthony
  • mikikikuchiswanlake (1)
  • chloedallimoremillie

Home ≫ London Studio Centre ≫

ロンドンスタジオセンター東京土曜学校
London Studio Centre Saturday Associate Programme Tokyo

ロンドンスタジオセンター東京土曜学校へようこそ!

adelleyoungchicago_690x304
 2019年4月6日(土)に新宿村スタジオで「ロンドンスタジオセンター(LSC)東京土曜学校」の無料体験オープンデーが開催されました。その様子はFacebook等SNSで見ていただくことが可能ですが、14歳から18歳までの夢に満ち溢れた若きダンサー達が集うてくださいました。

 その中の一人、Aさんがプログラム終了後にふと漏らした一言。
 「歌は全然自信がなくて・・・。」

 その日ずっと笑顔で楽しそうに舞っていたAさん、確かに最後の声楽レッスンではややうつむき加減でした。しかし「LSC東京土曜学校」はそのような人のためにこそ開校されるのです。様々な分野でのスキルを獲得することがパフォーマーとしての可能性を広げる、道を広げる、未来を広げる。それが「LSC東京土曜学校」が最も大切にしている教育コンセプトなのです。

「LSC東京土曜学校」であなたの可能性と道と未来を広げてみませんか。

大迫弘和(「BU-TO-O-KAI」特別顧問・武蔵野大学教授・詩人)

奨学金制度について
Scholarship

ロンドンスタジオセンター東京土曜学校の入学に際し、特に優秀と認められた生徒には授業料の一部免除スカラシップがロンドンスタジオセンターより授与されます。
 

On admission to London Studio Centre Saturday Associate Programme , talented students will receive a scholarship from the London Studio Center.

 

コンテンポラリーダンス講師

Leo's Color Headshot
Leonides Apon レオニデス エイポン

イスラエルに生まれ、Bat-Dor Dance Schoolにてダンスを学ぶ。後にカンパニーメンバーとなる。ニューヨーク・ペリダンス・カペチオ・センターのIgal Perry氏のカンパニーに所属する。NYのAiley School, プリンストン大学、Peridance Capezio Centerなどで講師を務める。

1999年にニューヨークに移り、2003年から2011年の間、様々なカンパニーのプリンシパル・ダンサーを務め、世界中のダンスフェスティバル(イタリアのVenice Biennale米国のJacobs Pillowなど)でパフォーマンスを披露。マドンナと共演、コカコーラやノキアのCMに出演。

 


 

ロンドンスタジオセンターについて

amyandanthony

 Bridget Espinosaによって1978年に設立されたLondon Studio Centreは、演劇のあらゆる面で卓越性を追求することに専念している学生のための総合演劇ダンスコースを提供しています。 LSCは、その幅広いシアターダンスコースの存在を発表することに興奮しています。それは、学生に広くて多様性のあるトレーニングを提供し続けますが、さらに学生はクラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、ジャズダンスまたはミュージカルシアターを専門にすることができます。

 講師陣はプロフェッショナルとしてのバレエ・ダンス・シアターの仕事にも積極的に取り組んでおり、生徒は新しいテクニックやトレンドを知ることができます。学生は、学校でもプロの場でも、パフォーマンスの経験を積むための比類ない範囲の機会を与えられます。

 卒業生は、Rambert Dance Company、Matthew Bourne's New Adventures、Michael Clark Company、Richard Alston Dance Company、Henri Oguike Dance Company、Phonex Dance Theatre、The Royal Ballet、English National Ballet、Scottish Ballet、Spirit of the Dance、JazzXchange、Stomp、ZooNation、Royal Shakespeare Company、Royal National Theatre、West Endや地域の演劇やミュージカル、多数のテレビ番組や映画、そしてバックダンサーなどのコマーシャル商業などで成功を収めました。多くの卒業生はダンスや演劇の中でも独立したクリエイティブなアーティストとして働いています。
 

ABOUT US

Founded in 1978 by Bridget Espinosa, London Studio Centre offers a comprehensive Theatre Dance Course for students who are dedicated to the pursuit of excellence in all aspects of the theatre. LSC is thrilled to announce the validation of its enhanced Theatre Dance course, which continues to offer students a broad and versatile training but further allows students to specialise in Classical Ballet, Contemporary Dance, Jazz Dance or Music Theatre.


The majority of the teaching staff are actively engaged in the professional theatre, enabling students to be aware of new techniques and trends. Students are given an unparalleled range of opportunities to gain performance experience, both in-house and in professional venues.


Graduate students have embarked on successful careers, joining companies such as Rambert Dance Company, Matthew Bourne’s New Adventures, Michael Clark Company, Richard Alston Dance Company, Henri Oguike Dance Company, Phoenix Dance Theatre, The Royal Ballet, English National Ballet, Scottish Ballet, Spirit of the Dance, JazzXchange, Stomp, ZooNation, the Royal Shakespeare Company and Royal National Theatre, as well as performing in West End and regional plays and musicals, numerous television programmes and films and in the commercial sector. Many graduates also are working as independent, creative artists in dance and theatre.
 

ロンドンスタジオセンター ディレクター メッセージ

director_nic
 London Studio Centreを紹介する機会を頂きありがとうございます。

 ロンドンスタジオセンターは、2018年に創立40周年を迎えました。この学校は、幅広い分野のダンストレーニングを提供することで国際的に高い評価を得ています。各部門(バレエ・ジャズダンス・コンテンポラリー・ミュージカルシアター)生徒達は高い水準に達するトレーニングを受けます。 London Studio CentreのTheatre Dance Courseは、プロの劇場でのキャリアに必要なスキルの徹底的なトレーニングを提供するだけでなく、学生が国際的に認められた学位等の資格を取得することが出来ます。

 私たちのユニークで成功したプログラムは絶えず見直されていて、最終年度には各自選択した分野に特化して、広範囲にわたるトレーニングに従うことを可能にします。私たちは、各自の個性と創造的な精神を維持し、養い、パフォーマーとして成長し、彼らの個々の進歩を加速させることを奨励します。

 London Studio Centreのポリシーは、1クラスの生徒数を制限することです。より多くの学生が特定のクラスを受講することを申し込む場合は、同じレベルの別のクラスを作成するだけです。現在14レベルのバレエとジャズ、コンテンポラリー、そしてタップがあります。スタッフと生徒の比率が1:7であると、教員からの個人的な配慮が確保され、生徒は自信を持って自制心のある個人として、自分の選んだ専門分野に入ることができます。

 学生の福祉は私たちの仕事の重要な側面です。健康、宿泊施設、金銭面など、特定の分野に関する相談に応じるための専門スタッフが多数います。また、ロンドンのスタジオセンターを訪問して生徒の怪我を調査し診断する経験豊富な理学療法士、ならびにマッサージ師、栄養士、ディスレクシアチューター(摂食障害指導員)、および生徒の世話と健康のためのカウンセラーもいます。安全衛生委員会は、学生福祉チームが個々の学生をモニタリングおよびサポートをしながら、これらのサービスを定期的に見直し、強化します。

 過去数年間にわたり、専門職は、専門学校が特定の分野で過少代表であるという懸念を表明してきました。私たちは特にこれらの問題に取り組むことに焦点を当てており、多様な文化的、民族的、社会経済的背景から学生を引き付けるために前向きな措置を講じています。例えば、ダンス教育を受けることのできないかもしれないこれらの地域からの学生がトレーニングを完了する為に財政援助を得ることを可能にします。私たちはまた、伝統的な女性が支配する環境 - ダンスの環境 - にとどまる男性/女性の不均衡を是正し、ロンドンのスタジオセンターにオーディションし、入学し、そして最終的に卒業する男子生徒の数を積極的に増やし、将来彼らがダンスを職業とすることを望みます。

 London Studio Centreの活気に満ちた雰囲気の中で、すべての生徒はプロとして扱われています。私たちは「オープンドア」のコミュニケーションポリシーを持っています。それは、学生とスタッフの間の非常に特別な職場環境に適しています。これは、舞台芸術のあらゆる分野における卒業生の成功の長い歴史の中で実証されています。私たちの卒業生は明日のパフォーマーとなるだけでなく、業界を動かし、また起業家としてのスキルを身に着け、今日の社会が要求する人材を輩出しています。私たちの卒業生は、パフォーマー、ディレクター、振付家、講師や起業家として、分野のトップに立っているのを誇りに思っています。

 私たちは自分たちの知識と芸術性を与えることに専念している非常に優れた指導教員を持つことが最も幸運です。私たちは最高のトレーニングを提供しているので、多くのプロのパフォーマーを引き付けることを嬉しく思います。

 

London Studio Centre Director‘s welcome

I am delighted to take this opportunity to introduce you to London Studio Centre.

London Studio Centre celebrates its 40th birthday in 2018. The college has an outstanding international reputation for providing dance training in a wide variety of disciplines, enabling our students to become versatile and valuable members of the theatrical profession. Each department is, in its own right, a centre of excellence where students can train to a high professional standard. The Theatre Dance Course at London Studio Centre not only offers a thorough training in the skills required for a career in the professional theatre, but also provides the option for students to gain internationally recognised qualifications.

Our unique and successful programme is constantly under review and enables students to follow a broad-based training, specialising in their chosen field for their final year. We seek to preserve and nourish the individuality and creative spirit of each of our students, encouraging them to develop as performers and to accelerate their individual progress.

Our policy at London Studio Centre is strictly to limit the number of students in any one class. If more students apply to take a particular class, we simply create another one of the same level. There are currently fourteen levels of ballet and of jazz, contemporary and tap. Our staff/student ratio of 1:7 ensures personal interest and care from the faculty, enabling students to emerge as self-confident and self-disciplined individuals ready to move into their chosen branch of the professional theatre.

Student Welfare is a vital aspect of our work. We have a number of specialist staff available for consultation about specific areas including health, accommodation and finance. We also have an experienced physiotherapist who visits London Studio Centre to examine and diagnose students' injuries, as well as a masseur, nutritionist, dyslexia tutors and counsellor for students' care and well-being. The Health and Safety Committee review and enhance these services regularly, with the Student Welfare Team monitoring and supporting individual students.

Over the past few years, the profession has been expressing concern that vocational colleges are under-represented in certain areas. We are particularly focused on addressing these issues and take positive steps to attract students from a diverse range of cultural, ethnic and socio-economic backgrounds. For example, our Widening Participation Fund enables students from these areas, who may not otherwise be able to take up a place, to benefit from financial assistance in completing their training. We also wish to redress the male/female imbalance that still persists in what is a traditionally female-dominated environment – that of dance – and actively seek to increase the number of male students auditioning, enrolling and eventually graduating from London Studio Centre, and entering the dance profession.

In the vibrant atmosphere at London Studio Centre all our students are treated as professionals. We have an 'open door' communications policy, which lends itself to a very special working environment among both students and staff that produces positive, versatile and communicative young professional performers. This is demonstrated over the long history of successes of our graduates in every branch of the performing arts. Our graduates not only become the performers of tomorrow, but the makers and doers of the industry, leaving London Studio Centre with the entrepreneurial skills to meet the demands of today's careers. We are proud to see our alumni at the top of their fields not just in performing, but directing, choreographing, teaching and founding their own companies.

We are most fortunate to have a highly distinguished teaching faculty dedicated to imparting their own knowledge and artistry; we are delighted to attract so many professional performers providing the finest training available.

ロンドンスタジオセンターのミッション、ビジョン、そして価値観

Vision ビジョン

プロのダンスとミュージカルシアターのための世界クラスの学校になるように、アーティストがパフォーマンス、創造、制作において創造的な可能性に到達することを可能にし、それによって専門分野の職業の未来を形作ることを可能にする。
To be a world-class college for professional dance and music theatre, enabling artists to reach their creative potential in performance, creation and production and, thereby, shaping the future of the profession.


 

Mission ミッション

革新的なプログラムの開発と提供を通じて、プロフェッショナルなダンスとミュージカルシアターの最先端で、学生が革新的で熟練したパフォーマーになることを可能にする。
To enable students to become innovative and skilled performers, at the cutting edge of professional dance and music theatre through the development and delivery of innovative programmes.


 

Values 価値観

ロンドンスタジオセンターは、次のことに取り組んでいます。
・プロフェッショナルとしての優秀さ
・ダンスとミュージックシアターの遺産の保存と発展
・多様なダンス形式との関わり
・個人を尊重する
・健康と幸福の文化
・思考と表現の自由、学術的言論の自由の促進
・起業家精神とイノベーション
・創造的な機会の文化
・生涯学習と継続的な専門能力開発
・学生をパートナーとし、運営管理と向上

The London Studio Centre is committed to:

・Excellence in professional practice
・Preserving and developing the heritage of dance and music theatre

・Engagement with a diverse range of dance forms
・Respect for the individual
・A culture of health and well-being
・Freedom of thought and expression, fostering academic freedom of speech
・Entrepreneurship and innovation
・A culture of creative opportunities
・Life-long learning and continuing professional development
・Students as partners in quality management and enhancement

 

ロンドンスタジオセンター 創立者

bridgetespinosa
 Bridget Espinosaは1978年9月にLondon Studio Centreをオープンしました。当時、彼女はプロの劇場での様々なキャリアに備えてダンス、音楽、ドラマの最高のトレーニングをダンサーに提供する必要性を非常に認識していました。このアプローチは彼女自身の素晴らしい経歴に基づいており、それ以来ずっと成功しています。

 Bridget Espinosaはエルムハーストバレエ学校で訓練を受けました。ダンサーとして、モナイングレスビー、ニコラスセルゲエフ、レオニードマシン、モーリスベジャールと他の主要なアーティストと一緒に働き、国際バレエの主なソリストとして9年間過ごしました。振付家兼監督としての彼女の仕事は、ニューヨーク万国博覧会のレビューからウェストエンドの制作にまで及びました。Bush Davisバレエ学校で9年間芸術監督として貢献した後、エルムハーストバレエ学校に芸術監督として迎え入れました。彼女のダンス教育とトレーニングへの取り組みは、切れ目のない家族の伝統に根ざしています。

 Espinosaファミリーは、19世紀初頭からLeon EspinosaがロシアのImperial Maryinsky Theatreで有名になって以来、若いパフォーマーのトレーニングに携わってきました。Leonの息子Edouardはロイヤル アカデミー オブ ダンス(RAD)の創設者の一人であり、彼の息子Eddie Kelland-Espinosaの指導の下で繁栄したブリティッシュ バレエ オーガナイゼーション(BBO)の設立に進みました。Edouardの姉妹であるLeaとJudithはロンドンと海外で学校を営んでおり、またR.A.D.の主任試験官でもありました。Leaの息子、Geoffrey Espinosaそして彼の姉Rayは、イギリスで唯一のフレッド・アステア/ジンジャー・ロジャースによるナンバーダンスを許可されたカップルでした。Geoffreyは後にザインターナショナルバレエのバレエマスターになり、そこで彼はBridgetと出会い結婚しました。Bridget Espinosaは1989年に亡くなりました。

 BridgetとGeoffreyの息子、Nicholas Espinosaは1981年にディレクターとしてロンドンスタジオセンターに入社しました。彼はダンス教育とトレーニングのための評議会(UK)実行委員会のメンバー、ヨークダンスプロジェクトのトラスティ、そしてブリティッシュ バレエ オーガナイゼーション(BBO)の会長です。彼はオリヴィエ賞のSOLTダンスパネルの元メンバーでもあります。彼はNikkiと結婚しており、彼らには2人の子供、Jean-PaulとStephanieがいます。
 

Founder

Bridget Espinosa opened London Studio Centre in September 1978. At that time she was very aware of the need to provide dancers with the very best training in dance, music and drama in preparation for various careers in the professional theatre. This approach is based on her own auspicious career and has proved successful ever since.
 

Bridget Espinosa trained at Elmhurst Ballet School. As a dancer she spent nine years as principal soloist with the International Ballet, working with Mona Inglesby, Nicholas Sergeyev, Leonide Massine, Maurice Bejart and other leading artists. Her considerable work as a choreographer and director ranged from a revue for the New York World Fair to West End productions. She later returned to Elmhurst Ballet School to spend nine years as Artistic Director, prior to holding the same position at Bush Davies Ballet School. Her commitment to dance education and training is rooted in an unbroken family tradition.
 

The Espinosa family has been involved in training young performers since the early 19th century, when Leon Espinosa rose to fame at the Imperial Maryinsky Theatre in Russia. Leon's son Edouard was one of the Founders of the Royal Academy of Dancing and went on to establish the British Ballet Organisation, which flourished under the guidance of his son Eddie Kelland-Espinosa. Edouard's sisters, Lea and Judith, ran schools in London and overseas and were also major examiners for the R.A.D. Lea's son Geoffrey Espinosa, and his sister Ray, were at one stage, the only couple in England authorised to dance numbers by Fred Astaire/Ginger Rogers. Geoffrey later reverted to ballet becoming ballet master of the International Ballet, where he met and married Bridget. Bridget Espinosa died in 1989.
 

Bridget and Geoffrey's son, Nicholas Espinosa, joined London Studio Centre as a director in 1981. He is a member of the Council for Dance Education and Training (UK) Executive Committee, a Trustee for the Yorke Dance Project, and Chairman of the British Ballet Organisation. He is also a former member of the SOLT Dance Panel for the Olivier Awards. He is married to Nikki and they have two children, Jean-Paul and Stephanie.

パトロン

dameninettedevalois_690x398

 ロイヤルバレエ団の創設者で最初のディレクターでもあるDame (大英帝国勲位を得た女性に対する公式の尊称)ニネット デ ヴァロワ(Ninette de Valois)も、ロンドンスタジオセンターの最初のパトロンでした。若いダンサーとして、Dame Ninetteは、ディアギレフ(Diaghilev)のバレエ ルス(Ballets Russes)に参加する前に、Leonide Massine、Edouard Espinosa、およびEnrico Cecchetti(当時の代表的なバレエマスター)と一緒に勉強しました。

 ダンス教育に情熱を注いできたDame Ninetteは、クラシックダンスとコンテンポラリーダンス、そしてコマーシャルシアターを幅広く網羅した、幅広いベースのプロフェッショナルトレーニングというBridget Espinosaのビジョンをサポートしています。彼女は健全的な職業として成り立つためには集中的でやりがいのあるダンス教育がもとになっていることを知っていました。 London Studio CentreのPatronとしての任命について、彼女は次のように書いています。

 「Bridget Espinosaの卓越性の追求に捧げられた演劇学校の夢は繁栄し、彼女の作品の生きた証言になると私は確信しています」。

 この資料は、「Dame Ninetteの記憶」に掲載されており、彼女が国際的地位の国内伝統の創設と発展において成し遂げたすべての祝賀です。
 

Founder Patron

Dame Ninette de Valois, the founder and first director of The Royal Ballet Company, was also the first Patron of London Studio Centre. As a young dancer, Dame Ninette studied with Leonide Massine, Edouard Espinosa and Enrico Cecchetti - the leading ballet masters of the day - before joining Diaghilev's Ballets Russes.

Passionately committed to dance education, Dame Ninette was pleased to support Bridget Espinosa's vision of a broadly based, professional training that embraced the best in classical and contemporary dance and the commercial theatre. She knew that a healthy profession depended on a focused and challenging education. On her appointment as London Studio Centre's Patron, she wrote:
 

"I am confident that Bridget Espinosa's dream of a theatre school dedicated to the pursuit of excellence will flourish and become a living testimony of her work".
 

This material is published in Dame Ninette's memory and is a celebration of all that she achieved in the founding and development of a national tradition of international standing.

卒業生の活躍はこちら

https://www.londonstudiocentre.org/galleries/alumni-gallery
 

サマープログラムご案内(英語)

https://www.londonstudiocentre.org/courses/summer-programme
 

お問い合わせ

ロンドンスタジオセンター東京土曜学校事務局

associates.tokyo@londonstudiocentre.ac.uk

080-3934-0085